信頼性や実績があるところを選択|離婚の慰謝料は弁護士に相談

Office Lady

慰謝料を請求された

Business Agreement

弁護士は、慰謝料を請求する側だけではなく慰謝料を請求されている人の相談にも乗っているので利用することが出来ます。浮気となってしまう原因に多い理由として、既婚者と知らなかったというケースが多いものです。また、既婚者と知ってもパートナーとは離婚をするという言葉に騙されて浮気を続ける人も少なくありません。実際に離婚をする気がなくても別れたくないが故に嘘をつく人も多く、慰謝料を請求されないためにも注意しましょう。しかし、浮気が知られてしまい慰謝料を請求されてしまった際は弁護士に早急に相談することが大切です。浮気をしてしまった理由次第では慰謝料を請求されても応じなくても良いこともあるので早めに相談するようにしましょう。

慰謝料の請求に応じる必要がない場合、相手が離婚をして3年経過していれば時効となるので慰謝料を請求されても支払う必要はありません。しかし、3年経つ前に相手の弁護士から慰謝料請求の内容証明が送られてくると時効にはならないので注意する必要があります。離婚をして3年以内は時効にならないので慰謝料請求されてしまった場合、弁護士に相談することで減額にしてもらうことも可能だと考えられます。弁護士は、離婚相談や慰謝料、親権など様々なトラブルをスムーズに解決してくれるので必要不可欠な存在だといえるのです。また、弁護士によって離婚問題や事故などのトラブルと、それぞれ専門分野の弁護士がいるので離婚や慰謝料問題を専門にしている弁護士に依頼をすることが大切です。