信頼性や実績があるところを選択|離婚の慰謝料は弁護士に相談

Office Lady

弁護士依頼のメリット

Work Discussion

双方が離婚を承諾しても子どもがいる夫婦に付いてくる問題として親権や養育費が挙げられます。自分の子どもを引き取りたいと思うのは双方もちろんのことで、お互いが一歩も譲らない状態にあることがほとんどです。また、お互いの収入にもよりますが基本的には収入が多い人が養育費などを支払う必要があります。親権問題が解決しても次に出てくるものが養育費で、養育費は適切な額を請求しなくてはなりません。あまりにも高額となってしまった場合、生活が困難となるので支払いすることが難しくなってしまいます。また、養育費を支払いたくない、減額してほしいという人も少なくないので話し合いが全く進まない状況に陥ることがほとんどといえるでしょう。

離婚はそう簡単に出来るものではなく、お互いが納得した上で認められるものになっています。慰謝料や親権、養育費など様々な問題が出てきますがいつまで経っても解決しないことが多いので早めに弁護士に相談することが望ましいといえます。また、離婚をする原因によっても慰謝料の額は違ってくるので予め把握しておくことも大切だといえるでしょう。例えば不倫や不貞行為があった場合の慰謝料の相場として100万~500万円ほどとなっており、DVやモラハラは最高でもおよそ300万と言われています。示談交渉では納得のいく慰謝料を決めることが出来ますが、慰謝料請求される側はあまり払いたくないため折り合いがつかないものです。そのため、弁護士に相談して慰謝料を請求することが良いといえます。